このwebサイトでは、お客様により快適にご利用いただくために、cookieを使用しております。このwebサイトを引き続きご使用されると、お客様はcookie使用することに同意したことになります。詳しいことはこちらのプライバシーポリシーをご確認ください。

OK

Close

  • PRODUCT SEARCH
  • SEARCH
MENU

FOLLOW US :

Dyna-Sync Dyna-Sync Hi-Hat Stand HHDS1

HARDWARE HARDWARE
HHDS1
¥55,000(本体価格¥50,000)

ハイハットスタンドは、ドラムペダルと同じく、ロッドとフットボードの連結に金属製のアームを用いるダイレクトドライブ方式を採用。エネルギーロスが少なく、素早いレスポンスを実現しました。また、フットボードから素早く足を離した際に生じるノイズを削減する Spring Damper という機構に加え、Dyna-Sync ペダル同様に、フットボードの先端に設けられたボルトをチューニングキーで調整することで、フットボード全体の角度を変更できる機構も搭載しています。

  • SHARE:

Features

Direct Drive Action

ロッドとフットボードの連結には、このスタンド専用設計のアームを用いた、ダイレクトドライブ方式を採用。このアームのジョイント部上下両端にベアリング付きの回転軸を装着することで、フットボードを踏み込む力をシンバルのオープン/クローズの運動に効率よく変換することが可能。より軽い踏み心地で、スムーズな演奏を実現します。

Spring Damper

足をハイハットからツインペダルのフットボードに移動させる時など、フットボードから素早く足を離した際に生じる衝撃音を軽減するオリジナル構造。テンションロッドの下部をスプリングに通すことで、フットボードから伸びるアームがフレームに与える衝撃を吸収。ノイズの発生を防ぎます。

Swivel Foot

フットボードの向きとは独立して脚部を自由に回転させられる機構を搭載。ツインペダルを使用する際のセッティングが格段に楽になります。

6-Way Tension Adjustment

調整ダイアルを回転させることで、6段階にスプリングテンションを調整可能。テンションの具合を目で見て確認出来ます。また、片手での操作可能ですので、スローンに座ったままでも簡単に調整が行えます。

Footboard Angle Adjustment (US.PAT.NO.10475423)

Dyna-Syncハイハットスタンドでは、テンションロッドとフットボードを繋ぐリンケージをフットボードの先端に備えられたクランプで固定。このクランプをチューニングキーで緩めることで、フットボード全体の角度を無段階に調整し、なおかつ確実に固定することができます。

Quick-Set Hi-Hat Clutch (US.PAT.NO.9812101)

ワンタッチでハイハットのトップシンバルを着脱可能なクラッチ。ボトムパーツにあるボタンを操作するだけで、簡単にシンバルをセット/リリース可能です。

クラッチ下部にあるストッパーの赤いボタンをスライドさせると、ストッパーとフェルトワッシャーを取り外すことができます。そして、トップシンバルを取り付けたら、ストッパーの黒いボタンをスライドさせるとストッパーを固定できます。

Non-Loosening Tension Rod

すり鉢状に加工されたメタルナットとそれにフィットする樹脂製ナットによって、演奏中のシンバルロッドの緩みとノイズをシャットアウトします。

Tilt System

脚部の支点を上下させてスタンド自体を傾けられるティルトシステムを採用。

Duo-Spike

床面の状態にあわせて、スパイクとラバーの両方をチューニングキー1つで自由に切り替えることができます。

Spare-The-Rods Tension Rod Protector

テンションロッドを上段パイプに挿入して、ハイハットクラッチで固定するというTAMA独自の収納機能を採用。これによりロッドの変形を防いでハイハットスタンドを運搬中のトラブルから守ります。

Hinge Guard Block

ヒンジシャフト両端のベアリングは、上下で挟むように保持することでペダルを踏んだ時にベアリングに掛かる力を分散。ヒンジシャフト自体に掛かる負荷を軽減し、高い耐久性と共により高い精度での回転とスムーズな操作性を実現します。

Oiles® Bearing Hinge

フットボードの支点となるヒンジには、ベルブラス製のメッシュにテフロン樹脂 をコーティングした“Oiles® ”ベアリングを採用。不快なフットボードの横ブレをシャットアウトし、スムーズなペダルワークを提供します。

Glide-Tite Grip Joint (US.PAT.NO.9631656)

1970年代に我々TAMA自身が開発したナイロンブッシュ構造によるジョイント方法を、シンバルやドラムの自然な鳴りを実現する為にゼロベースで再検証。その結果誕生したのが、この金属同士での固定方法とナイロンブッシュ構造を併せ持った、ジョイント構造”Glide-Tite Grip Joint”です。パイプとジョイント部が金属同士で固定されることで、スタンドが上段から下段パイプまで、ソリッドで安定した構造体となります。その効果としてシンバルやドラムが、より安定したスタンド上で自然に”振動”することで、プレイ時の楽器から生じる振動がスタンドに逃げにくくなり、楽器本来の持つポテンシャルを最大限に発揮します。
パイプをスライドさせる時には、ジョイント部に内蔵されたナイロンブッシュがパイプに当たることでスムーズな動きを実現し、かつパイプへのダメージを防止します。

SPEC

YOUR RECENTLY VIEWED PRODUCTS